「無添加シャンプー」の本当の意味

work

体によいシャンプーを探すなら、とことん「無添加」にこだわってみたくなります。ですがそのとき注意をしなくてはいけないのが、あまりパッケージに書かれている広告文句をあてにはせず、成分内容を主体として選ぶようにするということです。パッケージに「無添加」と記載されている製品であっても、必ず天然成分100%で作られているわけではありません。
無添加シャンプーを探すとき、知っておきたい知識として「旧表示指定成分」という言葉があります。これは、厚生省(現在の厚生労働省)が従来定めていた肌や髪などにアレルギー症状を引き起こしたり、発がんの原因となる可能性がある102種類の成分のことです。2001年3月の法律改正までは化粧品や石けんなどの成分表示は現在のようにすべてを明らかにしなくてはならないとはなっておらず、上記の危険な102物質が含有されている場合のみ表示が義務付けられていました。
法律の改正によりこの「表示指定」は意味がなくなりましたが、現在「無添加シャンプー」として販売される多くの製品においては上記102種類の物質が含まれていないという意味で「無添加」という言葉を使っている場合があります。
無添加シャンプーとして扱われている製品であっても、防腐剤や保存料、合成界面活性剤や乳化剤といった合成成分が含まれていることはかなりあります。そのため、パッケージに記載された広告文句だけを信じず、きちんと成分内容を確認して購入するようにしましょう。

推奨リスト
http://www.sundayriverinn.com/sun/ch/